FC2ブログ
2020.04.23 (Thu)

福永のアニメ語り②「銀魂」 

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

連日のように、情報収集のために一頻りニュース番組を見たりする中で
やはり気持ちが滅入ってきてしまう話題に触れることが多く、
『そんな時こそ笑いを』とばかりに笑顔を自分で作ってみては、
気分的にも少々心が楽しくなってきたりするものの、
やはり一人の力では限界があるので、
自分にとって必ずと言って笑える作品とはなんぞやと思い、原点回帰をしました。

タイトルにも入れました「銀魂」。
私が『アニメが好き』というのを初めて実感した作品かと思います。
というのも、幼少期からは多少なりともアニメを観ていたのですが
いつも一人の時間に鑑賞することがほとんどで
感想を言う機会というのが皆無に近い環境で育ってきました。

そのため、ただなんとなく『面白い』とは感じて
なんとなく『好き』とは感じていても
まず、その感想を口にする機会がないので
何故それが『面白い』のか『好き』なのか
まで、思考が追いついていませんでした。
そして今思えば、“観るアニメを選択する“という選択を
“知らなかった”のもあったのかもしれません。
(その他もろもろ、心当たりありはあるのですが
 ここでは触れずに先に進みたいと思います。)

なので、「銀魂」を初めて観た時に思った感想が
『こんなアニメがあったんだ…!!』という衝撃でした。
「銀魂」ほど挑戦的でやりたい放題なアニメは今のところ知りません。
(もし他にあるのをご存知でしたら教えてください。)
キャラクターたちが、人として汚いところは隠さないのを前提として
こんなに生き生きとする映像は今まで観たことがないと思いました。(褒めてます)
やりたい放題なものを観ると、自分の悩みなんてちっぽけに思えて元気になれるわけです。
そうすると、活力が湧いてきて、行動力も上がりました。ほんとに。

やりたい放題の中には、コメディとして色んな人に迷惑をかけたり
人として見たことがないような姿になっていたり
画面の向こうではもはやなんでもありなわけですが
その中に織り込まれる人情劇に何度も笑って、泣かされてきました。
そしてストーリーだけでなく、アニメの動きや
背景、音楽、効果音、そして声優さんの演技。
一つ一つに注目するきっかけとなり、
それが『面白く』『好き』だと思うようになりました。
そのきっかけができたのは、当時になんとなく始めていたTwitterで
なんとなく感想をツイートしたところから始まりました。
作品の感想を共有する人が増え、作品の知識を持つ人に出会い、作品を作る側の人も知っていき、
そうしてどんどん自分の世界が広がっていきました。

笑って笑って時には泣いて、また笑わされて。

先ほど観返しても「ほんとにひどいな(笑)」と思いました。(褒めてるんです)
(観たのは「銀魂゜」の1話と2話です。お調べください。)

でも、観終わった後、“笑って“生きる気力が戻ってきました。
何もないよりは何かある人生、そして苦労してでもこだわりを持つ人生の方が
絶対に楽しい。

今は苦しい時期が続いてますが、その中でも
信念を持って物事に取り組めば、いつかみんなで笑える日が来る。
そんなことを思わせてくれる作品だと、個人的に思ってます。
原作のコミックスを大人買いし、ジャンプも毎週買うようになったり
初めてアニメのDVDを買ったのも、アニメのサントラのCDを買ったのも
作品のイベントを観に行ったのも「銀魂」でした。

「銀魂」に関わる仕事をしたいなぁなどと思った時期もあったくらい。
(今でもほんのり思っていますが)
そんな、私の行動力の基礎を上げてくれた作品です。

今回はそんなに長くならないかな〜と思いながら綴り始めたのに
そこそこ長くなりました。

好きなものを語ってるので、仕方ないですね。
『好き』は原動力です。

是非、皆さんも『好き』に囲まれて過ごしてください。
お暇な時に「銀魂」を観て笑って過ごしていただければ幸いです。

すぐに観られるのはネトフリかな!(お世話になってます)


ということで、今回はここまで。
また次回、ご興味があればお読みくださいませ〜。

劇団員の福永でした。

ポチっとお願いします♪→

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

EDIT  |  22:56 |  福永レイナ  | Top↑
 | HOME | 

公演情報

プロフィール

劇団公式HP

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSフィード

つぶやき

FC2ブログランキング

カレンダー

最近の記事

カテゴリ~劇団員~

メールフォーム